1月のニューズレター

クリスマス、神様の救いをはっきりと 知る機会がありました。それは一人の男性によってでした。彼は礼拝に来て、子どもクリスマスにぜひ出たいと話しました。「ケーキが楽しみなので す」と。しかしこの人を見た時、異様な姿でした。寒い中、半袖だったのです。また言葉もはっきりと言えず、会話するのも難しいと感じました。聞く と、近くの精神科の病院に入院し、そこから来たとのことでした。その後の聖書の学び会では、「自分は孤独です」と言われました。「自分にはだれも 親しい人はいない」と。

彼は子どもクリスマス、後ろの方に 座って、子どもたちが讃美歌を歌う姿、聖書のお話を聞いている姿を他の大人たちと一緒に嬉しそうに体を揺らしながら見ていました。その次はお楽し みの時間でした。しかし彼が楽しみにしていたケーキは出てきませんでした。代わりに手作りのクッキーが出てきました。彼はそのクッキーをナプキン で丁寧に包み、持って帰って行きました。

次の日、この人はまた教会にやって来 ました。ちょうど外にいた私に向かって「玄関に捧げ物を置いておきました。」そう言って、立ち去って行きました。何を置いたのか心配になった私は 玄関に行ってみました。すると、そこには黒い大きな袋が置いてあったのです。剣道の防具を入れる袋でした。

おそるおそる中をのぞいて見ると、袋 の中には食パンとジャム、そしてリンゴが入っていました。最初は言葉を失いましたが、次第に一つの良い考えが私の中で起こりました。ちょうどクリ スチャンのお母様を失った方から、キュウイフルーツをもらってもいたのです。そこで先ずリンゴとキュウイを切って食べてみました。次はホイップを 買って来て、パンにフルーツとホッイプをはさんでフルーツサンドを作りました。キュウイのみずみずしさ、リンゴのシャキシャキ感、食パンの柔らか さ、そしてホッイプの甘さが絶妙に絡み合いました。ケーキの味がしました。それを教会の人々と食べました。食べた人々の顔が輝きました。まるで神 様からいただいたものの中に、神様からの喜び、神様への感謝が込められていたかのようでした。

これこそ神様が私たちに与えられたク リスマスの中身です。神様は私たちのすべてを、主イエスによってご自分の救いに与らせることを決意し、ご自分を感謝することの中へと導いてくださ いました。ですから、この知らせを聞いた私もあなたも神様の救いを受けとることができます。そして神様を感謝する人生を生きることができるので す。どうぞ、神様の救いを受けとってください。

三鷹バプテ スト教会 牧師 秋山献一



木 の十字架の教会 三鷹バプテスト教会 Copyright(C) 1997-2012 mitaka baptist church All rights reserved. 三鷹バプテスト教会は日本バプテスト連盟に加盟しています。
このホームページに引用される聖書の著作権は、以下に帰属します。聖書  新共同訳 (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988 聖書 (c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955